井戸掘りで自由に水を使える|自然のありがたみ

笑顔

自由に使う

業者

井戸掘りとは、地下に流れている川のような水脈から、水を汲み上げる設備のことです。地上の川が、日照りが続いたとしても簡単にはなくなったりしないように、地下の水脈の流れも、止まることはまずありません。

詳しくはコチラ

生活用水

作業員

水道は水道管が使えなくなれば利用不可能になってしまいます。しかし、井戸掘りを利用して井戸を確保していれば生活用水がなくなってしまうようなことはありません。安心して利用することが可能になっています。

詳しくはコチラ

調査後の行動

自宅の庭にスペースがあるという方は井戸掘りの業者に委託して、井戸を掘りませんか?災害の際にライフ欄にもなります。

地盤調査で軟弱地盤とわかった時には

業者

日本は災害の多い国です。特に地震ではせっかく建てた住宅に重大な被害を与えるため、多くの人が少しでも住宅の被害を少なくしようと対策を練っている現状です。 そこでここでは住宅を建てるうえで地震対策で、もっとも重要となってくる地盤調査を書いていきます。現在、新築の家を建てようとした場合ほとんど地盤調査がおこなわれるようになっているのです。法律の改定によって今までは地盤によって被害をうけた住宅には援助があったのですが、軟弱地盤によって被害をうけた住宅は個人の問題になったからです。 地盤調査によって軟弱地盤とわかった場合は、地震対策として地盤を強固なものにするのが肝心です。また地震対策だけでなく強固な地盤に住宅を建てるという事は住宅の傾きや欠陥を防ぐという点で非常に大切です。最近では、井戸掘りの計画も推奨されているでしょう。

地盤を強固なものにする必要性

地盤調査の注意点としては、測定は必ず5点以上でおこなうという事です。建物の角と中央を測定ポイントになるため、地盤調査のだんかいですでに建物の形が決まっている必要があるのです。 地盤調査によって地盤が軟弱だと判断された場合、地盤を強固にする方法としては、表面を削りそこに強固な地盤をしきつめる方法や建物の基礎から下に円柱状の柱を数本打ち込み強度をだす方法などがあるのです。こういった工事をする事によって、地盤は軟弱地盤だったとしても地震に耐えることができる強固な地盤にすることが可能です。 地盤は住宅が建ってから強固なものにしようとすると、非常に費用がかかってしまうため初期に費用がかかろうとも、最初に納得するものにすることが必要です。

依頼時の注意点

作業員

井戸掘りは水源確保のために行われます。日本では、東日本大震災以降、井戸掘りが見直されるようになりました。専門の業者に依頼する際は、いくつかの注意点を頭に入れておきましょう。

詳しくはコチラ